前へ
次へ

SFAと混同されがちなCRMの違いに迫ります!

SFA(Sales Force Automation)と混同されがちなCRM(Customer Relationship Management )ですが、やはり違いはあります。
SFA(Sales Force Automation)は「クライアント管理・案件管理・行動管理・予算管理・予実管理・レポート管理」からなる営業支援システムを指し、目的は営業セクションの一元管理とスキル共有化です。
それに対してCRM(Customer Relationship Management )は「クライアントデータベースの管理・プロモーション管理・サポート・セキュリティ保護」からなるクライアント管理システムを指し、目的はクライアント情報集積による最適なプロモーション活動のサポートです。
両システム共にクライアント管理など、重複しているポイントは多々ありますが、SFAは営業の一元管理が目的で、CRM(Customer Relationship Management )はSFA(Sales Force Automation)のクライアント管理機能を専門的に強化したマーケティングツールと定義付けられるでしょう。

Page Top